愛知県情報ネット


愛知県情報ネット・イメージ

愛知県は、令制国では尾張国と三河国に当たります。愛知県は、支配者氏族と関係している地域です。源頼朝が生まれた地域(名古屋市熱田区)との説もあり、室町幕府を開いた足利氏は西三河地方に細川氏・一色氏・吉良氏・今川氏など一族が多かった。戦国時代には、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など多くの武将を輩出し中央政局に大きな影響を及ぼした。江戸大名はこの三人の配下から出た者が多く、徳川一族や譜代大名(井伊氏などごく一部の他国出身者もいる)などの三河出身者のほか、前田家、浅野家、池田家、山内家、蜂須賀家などの尾張出身者が各地で大藩を幕末まで支配した。大名家だけでなく家臣団や一部庶民も封地へ移り住んでおり、近世日本の大部分は尾張・三河出身武士団の支配を受けた形となります。また、江戸時代に華咲いた日本的建築や日本的文化は愛知出身者による貢献とも言えます。そのほか、江戸の誕生と形成に与えた三河の影響はしばしば指摘されるところです。

概要

愛知県情報ネット・イメージ

大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3地域より構成されている。面積比はほぼ 1:1:1、人口比はほぼ 7:2:1。

郡名が県名にされた県の一つで、名古屋県の県庁所在地であった愛知郡に由来している。

『万葉集』の「あゆち」に由来し、それが律令制下で愛知郡という郡名に採用されたといわれている。なお、県公文書館発行のパンフレット「愛知県誕生のなぞをさぐる」では、あゆち(年魚市)潟説・あゆちの水(湧水)説・あゆち村説の三説をあげています。

方言

尾張 - 名古屋弁(尾張弁)、知多弁
西三河、東三河 - 三河弁(東西で幾分異なる)
アクセントは尾張地方(知多除く)が内輪型東京式、知多半島と西三河地方が中輪型東京式、東三河地方が外輪型東京式であり、文法語彙等も地方によってそれぞれ異なっている。東三河地方では遠州弁との共通点も多々見受けられます。

HOME
  • 名物| コンテンツ2| コンテンツ3| コンテンツ5
  • 美彫・ロゴマーク
    愛知県情報ネット
    愛知県情報ネット

     愛知県
     名古屋の
    さまざまなもの紹介していきます